MENU
20Nov Photoshop講座 綺麗なもの

【Photoshop】3Dレイヤーをオブジェクトの奥に配置する方法

こんにちは。ろっこ(@_lokko_4)です。

第20回目の今回はフォトショを使って3Dレイヤーをオブジェクトの奥に配置する方法を学んでいきます!

他の講座も見る

準備

・背景画像のみ!

私が良いなぁと思ったのはこの3つあたりです。使ってみてください

 
※画像をクリックすると無料ダウンロードページに飛びます
 
フリー写真サイトはWeb業務では頻繁に使うことになるので、早めにブックマークしておきましょう:)
 
関連記事もうアイキャッチ画像で困らない!著作権フリーの画像検索サイト厳選9選  

 
当講座は下記書籍に参考にしており、今後の活動で利用可能な.grdファイル(グラデーション)や.abrファイル(ブラシファイル)が付属しております。
 

ろっこ

要するにお得です。気になる方は是非お買い求めください:)
 
 
それでは加工方法を見ていきます!
 
1、フォトショに写真をドラッグしたら画面左ツールバー>テキストツールを使用し、文字を入力しましょう
 
クリックで拡大
 

ろっこ

文字のフォントや大きさは上メニューバー>ウィンドウ>文字で変えられます:)
 
クリックで拡大
 

 
2、文字の位置やフォントサイズが決まったら上メニューバー>3D>選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成をクリックします
 
クリックで拡大
 

 
3、ウィンドウが切り替わり画面右に3Dウィンドウが表示されるので、文字レイヤーをダブルクリック。『押し出しの深さ』を調整しましょう
 
クリックで拡大
クリックで拡大
 

 
4、画面上部のオプションバーにて、『3Dオブジェクトを回転(下画像の赤枠部)』をクリックし、3Dオブジェクトの位置を調整します。
 
クリックで拡大
 

 
5、再び3Dウィンドウに戻り、文字レイヤーをダブルクリック。属性ウィンドウが開くので、バウムクーヘンのようなアイコンをクリック。『辺数』を『フロントとバック』に。『輪郭』を『半円』に設定しましょう
 
クリックで拡大
 
 

3D文字オブジェクトへの着彩

 
6-1、今度は3Dウィンドウ内>文字レイヤー内>フロント膨張マテリアルをダブルクリックし、属性ウィンドウ内にて3D文字への質感を加えていきます
 

クリックで拡大
クリックで拡大
 
 
6-2、同じ要領で3Dウィンドウ内>文字レイヤーの中、『フロントベベルマテリアル』、『押し出しマテリアル』、『バックベベルマテリアル』、『バック膨張マテリアル』を全て着色します。
 
クリックで拡大
 

ろっこ

こんな感じになります
 
クリックで拡大
 

 
7、3Dウィンドウ内の『無限遠ライト』をクリックし、光源を調整しましょう
 
クリックで拡大
 

 
8、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーにて、レイヤーウィンドウを表示。文字レイヤーの箇所で右クリックをし、『3Dをレンダリング』と『3Dをラスタライズ』を実行しましょう
 
クリックで拡大
 

ろっこ

マシンパワーによっては大幅に時間がかかります
 
 

切り抜きで奥行きの位置関係を演出

 
9-1、レイヤーウィンドウの文字レイヤーの目玉アイコンをクリックし、一旦非表示にします。画面右のペンのアイコンを長押しして、『フリーフォームペンツール』を起動しましょう
 

クリックで拡大
 
 
9-2、3Dオブジェクトより手前に位置する物体(ここでは本を読む女性)の空間を型どります。
 
クリックで拡大
 

 
9-3、写真内で右クリックをし、『選択範囲を作成』しましょう
 
クリックで拡大
 

 
9-4、レイヤーウィンドウに戻り、文字レイヤーを選択した状態でウインドウ下部の日の丸アイコン(レイヤーマスクを追加)を押した後、目玉アイコンを押し3D文字を可視状態に戻しましょう
 
クリックで拡大
 

3Dオブジェクトの位置関係修正、完了

 

 
それではまた次回でお会いしましょう!
 
他の講座も見る
関連記事【Photoshop】初心者と実践で学ぶフォトショップチュートリアル25

- SHARE -