MENU
15Nov Photoshop講座 綺麗なもの

【Photoshop】フォトショで中二病風なナゾの煙を作る方法

こんにちは。ろっこ(@_lokko_4)です。

第15回目の今回はフォトショを使って中二病風のナゾの煙の作り方を学んでいきます!

他の講座も見る

中二病風なナゾの煙を作るための準備

・人物画像

今回は人物画像だけ用意すれば大丈夫です!

※画像をクリックすると無料ダウンロードページに飛びます

この手の画像を手に入れようと思ったら『ぱくたそ』さんほど適切なサイトはありませんね……。

フリー写真サイトはWeb業務では頻繁に使うことになるので、早めにブックマークしておきましょう:)

関連記事もうアイキャッチ画像で困らない!著作権フリーの画像検索サイト厳選9選

当講座は下記書籍に参考にしており、今後の活動で利用可能な.grdファイル(グラデーション)や.abrファイル(ブラシファイル)が付属しております。

ろっこ

要するにお得です。気になる方は是非お買い求めください:)

それではさっそく邪眼を開眼させましょう!

ろっこ

ククク……悪しき者よ、漆黒の炎に灼かれろ

中二病風な煙を作る方法

人物を切り抜いて背景を黒くする

1-1、人物素材をドラッグし、上メニューバー>選択範囲>被写体を選択をクリックします。

クリックで拡大
クリックで拡大

1-2、被写体に点線がつきますが、今回は人物の背景をくり抜くので上メニューバー>選択範囲>選択範囲を反転で人物を除く背景に点線がつくようにします

クリックで拡大
クリックで拡大

ろっこ

このようになっていればOKです

1-3、deleteキーを押すと塗りつぶしウィンドウが表示されるので、内容をブラックにしましょう。すると人物のぞく背景が黒く塗りつぶされます

クリックで拡大
クリックで拡大

ろっこ

ここまで済んだら上メニューバー>選択範囲>選択範囲を解除を押し、点線を取り除きましょう
クリックで拡大

2、上メニューバー>レイヤー>新規>レイヤーをクリックし、新規レイヤーを立ち上げます

クリックで拡大

3-1、画面左ツールバー>ブラシツールをクリックし、その後上メニューバー>ウィンドウ>ブラシでブラシの設定をしていきましょう

クリックで拡大
クリックで拡大

3-2、ブラシは『ソフト円ブラシ』、太さは25pxを選択します

クリックで拡大

4、ブラシが設定できたので、人物の境界線をなぞっていきます

クリックで拡大

5、3-1と同じ要領でブラシ設定を開き、ブラシの太さを50pxにし、煙をたくさん描いていきましょう

クリックで拡大

ろっこ

ペンの太さを細かく変えて描いていけばもっと綺麗な仕上がりに!

6、煙が出来上がったら上メニューバー>フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)をクリックし、半径を20〜30pixelあたりに設定してください

クリックで拡大
クリックで拡大

7、上メニューバー>フィルター>その他>明るさの最大値をクリックし、半径を20〜30pixelほどに設定しましょう

クリックで拡大
クリックで拡大

8-1、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーで煙を描いたレイヤーをダブルクリックします

クリックで拡大

8-2、レイヤースタイルウィンドウが表示されるので、『光彩(外側)』と『グラデーションオーバーレイ』にチェックを入れ、以下画像のように設定します。

クリックで拡大
クリックで拡大

ろっこ

グラデーションの色は煙に反映されるのでお好みで調整してみてください!

中二病風の煙、完成

クリックで拡大
クリックで拡大

元の画像はただこじらせている成人男性ですが、加工後はだいぶ実力が伴いました。

ろっこ

邪眼が開眼するのも時間の問題ですね

それではまた次回でお会いしましょう!

他の講座も見る
関連記事【Photoshop】初心者と実践で学ぶフォトショップチュートリアル25

- SHARE -