『食いっぱぐれない』ためのスキル学習ブログ
> 初心者と学ぶ!実践Photoshop講座 <

【Photoshop】フォトショでマスキングテープ風の文字を作る方法

こんにちは。ろっこ(@4bh_design)です。

第10回目の今回はフォトショを使ってマスキングテープ風の文字の作り方を学んでいきます!

他の講座も見る

マスキングテープ風文字を作るための準備

・チョーク風のブラシファイル(.abr)
・背景画像

ろっこ

今回は上の2つを準備します

1、チョーク風のブラシファイル


※画像をクリックすると無料ダウンロードページに飛びます

私はこちらを使用させていただきましたが、他のものでも問題ありません。

こちらのサイトで色々なチョーク素材をまとめてくださっています:)

参考 無料で使えるPhotoshop用チョークブラシ130+でデザインにチョークの質感をhttp://co-jin.net

2、背景画像

今回のメインはマスキングテープなので、古紙や手紙などを写している写真を使えばマスキングテープが映えます:)

私が良いなぁ〜と思ったのはこの辺りです!

※画像をクリックすると無料ダウンロードページに飛びます

フリー写真サイトはWeb業務では頻繁に使うことになるので、早めにブックマークしておきましょう:)

もうアイキャッチ画像で困らない!著作権フリーの画像検索サイト厳選9選

当講座は下記書籍に参考にしており、今後の活動で利用可能な.grdファイル(グラデーション)や.abrファイル(ブラシファイル)が付属しております。

ろっこ

要するにお得です。気になる方は是非お買い求めください:)

それでは早速作り方を見ていきましょう!

マスキングテープ風の文字の作り方

マスキングテープの土台作り

1-1、素材をフォトショへドラッグし、上メニューバー>レイヤー>新規>レイヤーをクリックして新規レイヤーを作成します。(レイヤーの名前はなんでも大丈夫です。私は『マスキングテープ』としました)

クリックで拡大

1-2、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーをクリックし、レイヤーウィンドウを表示。下のように『背景』レイヤーと新規作成したレイヤーの計2つがあればOK

クリックで拡大


2、画面左のツールバーにある『長方形選択ツールを』クリック。白い紙の中に長方形を作ります。

クリックで拡大

ろっこ

あまり長すぎず、太すぎない長方形にしましょう:)

3-1、点線状態の長方形ができたら今度は画面左のツールバーから『塗りつぶしツール』をクリックします。

3-2、同じくツールバー内下部、2つある四角形の左側にある方をクリックして好きな色を選べば、その色で塗りつぶせるようになります。(もし見当たらない場合は、上メニューバー>ウィンドウ>カラーで色を変更できます。)

クリックで拡大

ろっこ

塗りつぶし方は四角形の中でクリックするだけ!

3-3、塗りつぶせたらEnterキーを押すか、上メニューバー>選択範囲>選択範囲の解除で点線を消しておきましょう


4-1、今度は画面左部のツールバーから『消しゴムツール』を選択します。上メニューバー>ウィンドウ>ブラシをクリックし、ブラシウィンドウを開いておきましょう。

クリックで拡大

4-2、Macの方はDock>Finderから、Winの方はダウンロードフォルダから準備段階でダウンロードしておいたチョークブラシファイル(.abr)をクリックしましょう。

すると、ブラシウィンドウ内に『チョークブラシ』が追加されるのでそちらを選択。ブラシの直径はなるべく小さめにしておきましょう:)

クリックで拡大

4-3、長方形の端っこにズームします。トラックパッドにて二本指で拡大する方法か画面左部のツールバーから虫眼鏡アイコンを選んでも拡大可能です。

4-4、拡大できたら消しゴムで端っこをマスキングテープの切れ目を意識して削っていきます。拡大縮小をして、遠目から見てもいい感じになっていたらOKです。もう片方の端っこも同じ要領で削っていきましょう!

ろっこ

ポイントは山を2〜3つ作るようなイメージです:)

クリックで拡大

マスキングテープの土台をいくつか用意する

5-1、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーをクリックし、レイヤーウィンドウを表示します。『マスキングテープ』レイヤーの上で右クリックをし、『レイヤーを複製する』を選びましょう。

クリックで拡大

複製した段階ではレイヤー同士が重なってしまっているので、左部ツールバー内にある移動ツールを使い、ずらしましょう。

5-2、上メニューバー>ウィンドウ>ブラシからブラシウィンドウを開き、消しゴムツールのブラシサイズを少し大きくし、大きく削っていきましょう。ある程度マスキングテープの土台が短くなったらブラシを再び小さくし、削れ具合を整えます。

上Gifではコピーした方は面倒で片側しか削っていませんが、両端削った方が良いです:(

5-3、5-1と5-2を繰り返し、大きさの違うマスキングテープの土台を3〜5つほど作り上げておきましょう。

クリックで拡大

レイヤースタイルを設定し、マスキングテープの仕上げ

6-1、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーをクリックし、レイヤーウィンドウを開きます。マスキングテープレイヤーをダブルクリックし、『レイヤースタイル』ウィンドウを開きましょう

6-2、パターンオーバーレイにチェックを入れ、パターンのドロップダウンからゼンマイアイコンをクリックします。その中からカラーペーパーを選びましょう。

クリックで拡大

6-3、現在のパターンを カラーペーパー のパターンで置き換えますか?』と表示されるので、追加ボタンを押します。

ろっこ

以下のように選択肢が増えていれば正しくできています:)

クリックで拡大

6-4、その中から『灰色の上質皮紙』という灰色に薄く縦線の入ったパターンを選択しましょう。

クリックで拡大


7、続いて、カラーオーバーレイ項目を設定します。デフォルトで『通常』となっている箇所をオーバーレイに変更し、プレビューを見ながら好きな色を選んでみましょう

クリックで拡大


8、最後に、『ドロップシャドウ』項目で影を付け足していきます。距離とサイズを1pxにしましょう。設定が終わったら『レイヤースタイル』ウィンドウの右部にある『OK』を押しましょう

クリックで拡大

ろっこ

ここまでうまくいっていればこんな感じになっています:)

クリックで拡大

マスキングテープを量産する

9-1、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーをクリックし、他のレイヤーにも色や影をつけていきます。6-1と同じ要領でダブルクリックで『レイヤースタイル』を開きます。

クリックで拡大

ろっこ

先ほどの設定が残っているはずなので各項目(カラーオーバーレイ、パターンオーバーレイ、ドロップシャドウ)にチェックを入れるだけで先ほどと同じような仕上がりになります:)

9-2、これを繰り返し、全てのマスキングテープの土台を可愛く仕上げましょう

クリックで拡大


10、『レイヤーを複製』を繰り返して好みの大きさのマスキングテープを増やしつつ、『自由変形(Command+T→角度調整→Enterで確定)』で各マスキングテープの角度を変え、文字やアイコンなどを作りましょう!

ろっこ

自由変形の詳しい使い方が分からない場合は過去の記事で取り扱っているので見てみてください:)
下記記事の手順2番目です
【Photoshop】フォトショで壁に落書き風のペンキ文字を作る方法

マスキングテープ風文字、完成

私は単色で作ってしまいましたが、複数の色をいれたりパターンを変えたりすればもっと面白いデザインになりそうです。

また、少し細かったような気がするので次回はもう少し太くしてみます:)

ろっこ

今回はコピー作業が多かったので一つマスキングテープを作れてしまえば簡単でしたね!

また次回の講座でお会いしましょう

他の講座も見る

【Photoshop】初心者と実践で学ぶフォトショ講座まとめ