MENU

わずか1分!MacやiPhoneへはめ込み画像を作るサービス7選

こんにちは。ろっこ(@_lokko_4)です。

皆さんはアプリの紹介サイトやWordPressテーマの製品サイトでこんなものを見た事がありませんか?

↑このPC部分のことです

これはモックアップ(=はめ込み)と言って今回紹介するサービスを使えば一瞬で作れてしまいます。

今回は『このサイトさえブクマしておけば大丈夫』と言われるような有名モックアップサービスを紹介していきます。

Mockuper

 

クリックで拡大

https://mockuper.net/

Mockuperの特徴
完全無料
登録不要
モックアップ素材充実

完全無料であり、登録も不要!今回紹介する中で一番良いサービスがmockuperです。

使い方も非常に簡単なので一瞬でモックアップ画像が出来ちゃいます:)

よほどこだわりがなければこちらのサイトだけブックマークしておけば事足りそうです。

クリックで拡大

Mockuperを使ってみる

MockupsJar

 

クリックで拡大

https://mockupsjar.com/

MockupsJarの特徴
無料(一部有料)
登録不要
iPhoneやMacなどApple製品充実
Apple製品以外のモックアップも有り
シンプルなデザイン

背景が透過されていたり、単色であったり、シンプルなモックアップを希望している人にオススメなのがmockupsjarです。

クリックで拡大

MockupsJarを使ってみる

SmartMockups

 

クリックで拡大

https://smartmockups.com/

Smartmockupの特徴
無料(一部有料有り)
会員登録制
iPhoneやMacなどApple製品充実
Apple製品以外のモックアップも有り

登録制なのが唯一のネックですが、モックアップ素材はかなり充実しています。

クリックで拡大

Smartmockupsを使ってみる

Dunnnk

 

クリックで拡大

http://dunnnk.com/

Dunnnkの特徴
完全無料
登録不要
実写系モックアップ多数
Android端末も充実
ダウンロードまでがスムーズ

こちらは実写系のモックアップが充実しています。

また、ダウンロードするまでの流れが非常にスムーズで、好みのモックアップ素材を見つけたらドラッグするだけとなっています。

Dunnnkを使ってみる

iPhone Screen Shot

 

クリックで拡大

http://iphone-screenshot.com/

iPhone Screen Shotの特徴
登録不要
日本語対応
シンプルなサイト設計
ダウンロードまでスムーズ

今回は海外のWebAppをメインに紹介しましたが、唯一の日本語対応サイトがこちらのiPhone Screenshot Makerです。

モックアップ素材の種類こそ少ないですが、その分迷わずに選ぶ事ができます。

モックアップ素材のラインナップは以下のような感じで、必要最低限の機種が並んでいます。

クリックで拡大

 

Canva

 

クリックで拡大

https://www.canva.com/

Canvaの特徴
登録制
日本語対応
WebApp

上で紹介したものと少し毛色は異なりますが、こちらは有名な画像製作サービスです。

画像製作における基本的なことがすべてWeb上で完結します。

『素材』からiPhoneやMac、パソコンなどの素材を探せば上記で紹介したモックアップのような画像製作も可能です。

クリックで拡大

Canvaの詳しい使い方はこちら

Photoshop

クリックで拡大

https://www.adobe.com/jp/

この記事のアイキャッチ画像のようなモックアップ画像を作るのに最適なのがPhotoshopです。

クリックで拡大

こちらの画像は『clay mockup(クレイモックアップ)』というもので、最近流行っているネンドのようなデザインです。

ろっこ

検索すると無料で高品質なモックアップ素材がたくさん出てきますね
クリックで拡大

Photoshopは最安プランで月額1000円ほどかかりますが、一度使う分には無料体験版があるので、試してみてください。

無料体験版をダウンロードする

ろっこ

画像製作に関するたいていのことができるのでクソコラとかも作れて楽しいです(笑)

ちなみにPhotoshopを使っての製作物や使い方をこちらで公開しているので興味のある方はどうぞ:)

関連記事【Photoshop】初心者と実践で学ぶフォトショップチュートリアル25
- SHARE -