Googleデジタルワークショップとは?受講のメリットや講義内容の要約

あなたがビジネスをしていて、インターネットを活用するとなった時に注意する事項や利益を最大化するためのツール・サービスをご存知でしょうか。

もし、何の戦略もなく、あるいは何となく感覚でやっている場合は、貴重なビジネス機会を逃しているかもしれません。

今回はビジネスのインターネット活用における教養とも言えるGoogleデジタルワークショップをご紹介します。

Googleデジタルワークショップとは

今、人々がオンラインで過ごす時間はどんどん増えており、実店舗をもつビジネスだとしてもオンラインの活用は必要不可欠とされています。

ただし、何の方針も目的も無く進めていても成果を望めません。そこで役に立つのがGoogleデジタルワークショップです。

デジタルワークショップでは、オンラインでビジネスを拡大するための基礎から応用までを無料で学習する事ができます。

受講するメリット

ビジネスの基礎を無料で網羅

インターネットを活用したビジネスにおいても、実店舗型ビジネスにおいても、利益を最大化するという点は共通しています。

では利益を最大化するにはどうすればいいのかという課題への正攻法について無料で学べるのがデジタルワークショップです。
 
デジタルマーケティングスキル向上

利益を最大化するために欠かせなくなっているのがインターネットの活用です。
例えば私がそもそも知らなかったもの、あるいは正確な理解ができていなかったものに以下が挙げられます。

・KPI
・SEO最適化
・SWOT分析
・PDCAサイクル

これらはいずれも(インターネット)マーケティングや生産性における重要な概念です。

1つでも『あれ?どうだったっけ?』と思うものがある人であればやってみて得られるものが大いにあります。
 
Google公式提供のSEO知識を得られる

インターネットを活用してビジネスを加速するためには検索による流入は見逃せない要素となっています。

検索結果から新規顧客を獲得するためにはSEOと言う検索結果の表示位置に関する知識が必須です。

例えば、特定のキーワードで検索された時に1番上に表示されるのと1番下に表示されるのでは、クリック率が大きく変わります。

そのため、多くの企業や事業主は検索順位1位の獲得のために躍起になります。

しかしながら、このメカニズムは公式に公表されておらず、情報が錯綜しているのが現実です。

Googleデジタルワークショップでは、Googleによる正確な一次情報が得られるため、SEOの正しい知識を得ることが出来ます。
 
幅広い学習項目がある

Googleデジタルワークショップで身につけられる知識はデジタルマーケティングにだけに留まりません。

・プログラミングの基礎
・機械学習(人工知能・AI)の基礎
・仕事の生産性
・セルフプロモーション
・転職に必要なスキル(キャリアアップ)
・セキュリティの向上

などなど、マーケティング面だけでなく、技術面での項目も多数存在します。
 
最終試験をパスで認定証が貰える

Googleデジタルワークショップが目玉としているのがこちらです。

わたしも実際にPDFファイルで確認しましたが、自分の名前とGoogle、IABのCEOの名前が並んでおり、自分はものすごい大物になってしまったのではないかと勘違いするほど嬉しくなります。

また、この認定証一枚一枚にはIDが付与され、その有効性もきちんと第三者が確認可能なものとなっています。

受講する

Googleデジタルワークショップのエッセンスを要約

Twitterの方でも軽く要約はしましたが、その他にもブログ・メディア(ソーシャルメディア)運営、ECサイト運営における重要な事実は色々触れられていました。

しかし、修了までの予測時間は40時間とされており、人によってはなかなか受講する時間が取りづらいかもしれません。

そこで何度も繰り返しで、頻出した要素を箇条書きでいくつかピックアップしてご紹介します。

ビジネスのオンライン展開にソーシャルメディアの活用は必須

自明のことですが、人々がオンライン(インターネット)で過ごす時間は年々増えています。

そのため、オンラインで生まれるビジネス機会や流通額も当然増加傾向にあるのが現状です。

では、ビジネスをオンラインで展開していくためには何が必要でしょうか。それはソーシャルメディアです。

ソーシャルメディアとは個人・企業の情報発信による双方向性のメディアのことです。

難しい場合は『ブログ・メディア、YouTubeチャンネル、TwitterやFacebook、Instagram』と捉えてしまっても問題ありません。

こういった様々なソーシャルメディアの中から活用するビジネスにあったものを選択し、効果を分析して上手く活用していくことがオンラインでの成功の第一歩となります。

コンテンツ作りの4大要素

ソーシャルメディアの選択後はユーザーにコンテンツを提供していかなければ、あなたのビジネスは目にしてもらえません。

コンテンツとは、ブログやメディアにおける投稿記事、YouTubeにおける投稿動画、Twitterにおけるツイートなどです。

このコンテンツ作りの目的は『楽しませる』、『刺激する』、『知識を与える』、『行動を促す』の4つです。

これらを意識したコンテンツを作っていくことで、ユーザーにプラスの心象を与えることができ、結果的に自身のビジネスを認知してもらう機会となります。

コンテンツの目標設定を明確に行う

ただ闇雲にコンテンツを作っても効率的とは言えません。

まず、なぜそのコンテンツを作るのかを明確に設定しましょう。

例えば、実店舗型ビジネスであれば『店舗の存在を認知してもらう』、『予約数を向上させる』、『ECサイト(ネットショップ)を作り販売経路を増やす』などが挙げられます。

検索エンジンの目的はユーザーのニーズを満たすこと

Web上には無数のコンテンツ(Webページ)が溢れかえっています。

その大量の情報から特定の情報を見つけ出してくれるのが検索エンジンというシステムです。

1990年初頭--アーチーと呼ばれる検索エンジンの時代--無数のWebサイトの中から特定のキーワードに沿った情報を見つけるのは難しいことでした。

それを可能にしたのがGoogle、Yahoo、Bingなどの高度な技術を用いた検索エンジンです。

これらとアーチーの最大の違いは『Webサイト』からではなく、『Webページの内容』から検索キーワードを介して情報を見つけられるようになったことです。

そして、その本質は今も変わっておらず、ユーザーが求めている情報・課題解決に役立つ情報を取り扱うWebページへユーザーを導くことこそが検索エンジンの役割です。

検索エンジンの仕事は最適な情報を届けること

検索エンジンの仕事は主に3つあります。

クロール(情報収集)したものをGoogleにインデックス(登録)し、ランクづけ(順番に並べる)することです。

これを総括すると、Web上にある無数のページからキーワードに即した最適な情報をユーザーに届けることとなります。

ただし、全てのページがインデックスされるわけではありません。

重複する内容も多数ある場合は、代表的なページのみをインデックスすることで多数の情報を上手く取捨選択しています。

検索結果には2通り存在する

検索結果には自然検索と検索連動型広告の2通りの検索結果が表示されます。

自然検索は、検索キーワードに対して関連性と独自性をもつページがランクづけされて表示されたものです。

検索連動型広告は、検索キーワードに関連性をもつ広告を表示する広告サービスです。

この検索連動型広告は自然検索の上部に表示され、キーワードに即した情報やサービスを求めるユーザーに有効な効果を期待できます。

検索エンジンが重要視するのはキーワードとの関連性と独自性

体感ですが、『関連性』や『独自性』というキーワードはデジタルマーケティング講義においてもっとも頻出したキーワードとも言えます。

検索エンジンが自然検索結果においても、検索連動型広告の検索結果においても重要視するものはキーワードとコンテンツの『関連性』と『独自性』です。

前項でも再三に渡って触れたように、検索エンジンの目的はキーワードに関する適切な情報やWebページをユーザーに届けることです。

検索エンジンがユーザーにとって最適な情報を届けるためには、他のランキング上位の情報と重複しておらず、独自性を持っており、ユーザーの課題解決に役立ちそうな情報を順番に並べるのがもっとも良い方法となっています。

そのため、SEO最適化(対策)のためには、ユーザーの課題解決に役立つような関連性があり、他の内容と重複しない独自性を含んだコンテンツ作りが求められます。

この『キーワードとの関連性とコンテンツの独自性』は自然検索で上位を狙う場合でも検索連動型広告で効果を最大化するためにも必要な意識となっています。

その他のランクづけに使用される要素は4つ

・評判
・利用者数
・バックリンク数
・タイトル、メタタグ、見出し、画像ファイル名などの内部のコード

評判や利用者数は不明瞭なため、割愛します。

バックリンクとは外部(自身の運営外のサイトやページ)からのリンクのことです。

ただし、講義内でバックリンクは量よりも質を重視していると明言しており、例えばひと昔前のWebサイトでよく見られた相互リンクなどの質の低いリンクではなく、リンクを貼られたページと親和性の高い(質のいい)リンクが好ましいとされています。

前項を通して考えると独自性がある質の高いコンテンツ作りをすれば自然とバックリンクが得られ、検索結果で上位表示が可能になると結論づける事ができます。

タイトル、メタタグ、見出し、画像ファイル名に関してはサイト内部のコードとも言えます。Webサイトはこれらのコードによって構成されています。

検索エンジンは人間と同じようにページを見ることは出来ないため、コードに基づき、キーワードとの関連性を判断します。

これらが検索結果に良い影響を与える主な要素ですが、逆に悪影響を与える注意事項としてはキーワードスタッフィングが挙げられます。

キーワードスタッフィングとは特定のキーワードを不必要にコンテンツ内に盛り込むことであり、Googleのガイドラインに反する行為です。

モバイルユーザーへの配慮(レスポンシブデザイン)

国内の携帯電話(スマートフォン)の保有率は7割を超えています。

そして、このスマートフォンにてインターネットを利用するユーザーも増加傾向にあります。

つまり、Webサイトを自身や自社で作った場合はモバイルユーザーへの配慮は欠かせません。

例えば、ユーザーが閲覧するために使うデバイスによって見切れないようWebページの横幅を調整したり、文字が読みやすいサイズになるよう適宜変更されたり、ボタンを押しやすくしたりといった配慮が必要です。

これらを意識した設計をレスポンシブデザインと呼び、このレスポンシブデザインへの対応は必要不可欠と言えます。

Googleモバイルフレンドリーテストを用いればご自身のWebサイトがレスポンシブ対応しているかを確認することができます。

Webサイトでの必須要素は3つ

・メニューボタン
・運営者情報
・ハイパーリンク

Webサイトに必須の項目はこれら3つです。

メニューボタンではユーザーがサイト全体の構成を把握するのに役立ちます。

運営者情報では実績や会社概要などを記述します。ユーザーに信頼感を与える事ができます。

ハイパーリンクとは自身のサイト内外問わず、クリックする事でユーザーがページの移動を容易にできるようになる機能です。

ユーザビリティを上げるプラス要素4つ

必須事項は前項で触れた通りですが、ユーザビリティ(ユーザーにとってサイトが使いやすいかどうか)を向上させるための要素も意識する必要があります。

・読み込み速度
・シンプルなデザイン
・レスポンシブデザイン
・慣習に沿った使い勝手

読み込み速度(サイトスピード )とはユーザーがページを表示できるまでにかかる時間です。サイトスピードが遅いと、サイトが表示される前に離脱されてしまい、ビジネス機会を失う可能性が上がってしまいます。

サイズや容量の軽い画像を使用したり、コードを圧縮したりなどの対策を講じる事が可能です。

また、シンプルなデザインにすることもサイトスピードを向上に役立ちます。

レスポンシブデザインは前項で触れた通りです。

慣習に沿った使い勝手とは、例えばページ上部にメニューボタンや検索窓があったり、ロゴをクリックするとトップページにリンクで飛べるようになっていることなどが挙げられます。


ここでは講義内の簡単かつ重要な箇所のみ触れました。

ただ、細かいところまで言えば、この程度の情報量ではなく、他にも様々な事実に関して触れていました。

以下の章にて、デジタルワークショップが取り扱う項目とその概要をご紹介します。

デジタルワークショップの主なトピック一覧

Googleデジタルワークショップの『デジタルマーケティングの基礎』コースでは全26モジュールから構成されます。

1つのモジュールはそれぞれ4個前後のトピックからなります。計105トピックの詳細は以下の通りです。(各5分程度の動画と理解度確認の小テストあり)

ちなみにメディア・ブログ運営に関する項目については薄ピンクの背景にしている箇所です。

これらだけを視聴するのでも有用な情報量が増えるかと思います。


モジュール1
インターネット上でのビジネス機会

トピック名 学習内容
デジタル ワークショップについて Googleデジタルワークショップの概要
インターネットのメリット 事業主のインターネット参入のメリット

 
モジュール2
オンラインで成功するための第1歩

トピック名 学習内容
オンラインでの目標 事業の認知度の重要性とそのための手法
インターネット上に拠点を作る方法 Webサイトやアプリを持つメリット
ウェブサイトに顧客を集める方法 Webサイトに顧客を集める3つの方法
ウェブサイトの分析と改善 Webサイト運営に必要な2つの意識

 
モジュール3
ウェブサイトの活用

トピック名 学習内容
オンラインでの集客について インターネット上で存在感を確立する方法
ウェブサイトの仕組み サーバー、IPアドレス、ドメインの紹介
ウェブサイトの構成 ドメインの慣習と決め方のコツ、Webサイトの必須要素
ウェブサイトをビジネスに活かす方法 デザイン、コンテンツ、読み込み速度の重要性
ウェブサイトを使いやすくするための工夫 ナビゲーション、サイト・ページ構成の重要性
良いウェブサイトとは? レスポンシブ設計、モバイルフレンドリーテストの紹介

 
モジュール4
オンライン ビジネス戦略の策定

トピック名 学習内容
オンライン ビジネスにおける戦略 オンラインビジネス戦略のメリットと施策
ビジネスのオンライン展開 オンラインでの購入経路と適切なチャネルの選択
顧客行動の理解 ユーザーの購入体験の向上とタッチポイントの紹介
競合相手と差別化する方法 SWOT分析とGoogleアラートの紹介
目標設定による業績の改善 KPIの紹介

 
モジュール5
検索エンジンへの対応

トピック名 学習内容
検索エンジンの基礎 検索エンジンの歴史と目的
検索エンジンの仕組み クロール、インデックス、ランクづけの仕組み
検索エンジンによるウェブサイトの把握方法 WebサイトのコードとCMSの紹介
自然検索について 自然検索とSEO最適化(対策)について
検索連動型広告について 検索連動型広告の仕組み
Google Search Console について Googleサーチコンソールの紹介

 
モジュール6
検索で見つけてもらう方法(SEO 第 1 章)

トピック名 学習内容
検索エンジン最適化 (SEO) について ランクづけの決定要素
SEO の計画の立て方 SEO対策の具体的計画
SEO を継続的に行う重要性 最新の情報発信のための4つのポイント
キーワードの選択方法 キーワード選びの3つのポイント
SEO の目標設定について コンバージョン、エンゲージメント、新規ユーザーの獲得について

 
モジュール7
検索の有効活用 (SEO 第 2 章)

トピック名 学習内容
ウェブサイトの最適化について タイトル、メタタグ、見出しの重要性
自身のウェブサイトと他のウェブサイトの関係性 外部リンクとコンテンツマーケティングについて
海外を視野に入れた SEO SEO面での自動翻訳の是非

 
モジュール8
検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第 1 章)

トピック名 学習内容
検索連動型広告の紹介 検索連動型広告の概要、メリット
検索連動型広告のオークションの仕組み 検索連動型広告の入札と順位決定の仕組み
検索連動型広告の効果的なキーワードについて 広告掲載に向けたキーワード設定における関連性の重要性
有効な広告文の選び方 広告の効果を最大化するための広告文の3つの要素

 
モジュール9
検索連動型広告の改善 (検索連動型広告 第 2 章)

トピック名 学習内容
検索連動型広告の構造と、関連性を重視した広告文の作り方 LPの紹介と関連性の高め方
効果的な広告キーワードの設定方法 広告効果最大化のためのキーワード設計
キーワードのマッチタイプ マッチタイプ(フレーズ一致・完全一致)の紹介
コンバージョンを計測する方法 コンバージョンの概要と計測方法

 
モジュール10
実店舗ビジネスのインターネットの始め方 (実店舗ビジネス 第 1 章)

トピック名 学習内容
実店舗ビジネスのインターネット活用法 実店舗ビジネスのSEM(サーチエンジンマーケティング)
地域情報サービスについて 地域情報サービスの紹介と登録必須事項

 
モジュール11
実店舗ビジネスのインターネット活用方法 (実店舗ビジネス 第 2 章)

トピック名 学習内容
実店舗向け広告の基本 実店舗向け広告のメリット(位置情報の活用)
携帯電話を利用しているお客様の来店を増やす方法 GPSの具体的活用事例
実店舗のための検索エンジン活用法 実店舗のWebサイトに必須な要素とSEO最適化について

 
モジュール12
ソーシャル メディアの始め方 (ソーシャル メディア 第 1 章)

トピック名 学習内容
ソーシャル メディアについて ソーシャルメディアの概要と利用のメリット
目的にあわせたソーシャル メディアの選び方 主要なソーシャルメディアの紹介とその特性
ソーシャル メディアの計画の立て方について ソーシャルメディアの目標設定と活用時に心がける事
ソーシャル メディアの活用方法 活用するソーシャルメディアの選択とプロフィールページの重要性

 
モジュール13
ソーシャル メディアの活用方法 (ソーシャル メディア 第 2 章)

トピック名 学習内容
ソーシャル メディアを長期的に運用する方法 ソーシャルメディアの運用施策について
ソーシャル メディアの有料広告 SNSの有料広告の概要や利用するメリット
ソーシャル メディアの効果を測定する方法 Googleアナリティクスの紹介
ソーシャル メディアの落とし穴 ソーシャルメディア利用の3つの注意点

 
モジュール14
携帯電話 (スマートフォン) の可能性について

トピック名 学習内容
携帯電話の進化 スマホの機能紹介
携帯電話向けのウェブサイト構築 レスポンシブデザインの概要
携帯電話向けのウェブサイトとアプリの違い アプリ作成のメリット

 
モジュール15
携帯電話 (スマートフォン) 向け広告

トピック名 学習内容
携帯電話向けの広告 スマホ向け広告の2つのポイント
携帯電話向けの検索連動型広告について Googleキーワードプランナーの紹介
携帯電話向けのディスプレイ広告について ディスプレイ広告利用のメリット
携帯電話向けのソーシャル メディア広告 ソーシャルメディア広告設定の3つの手順
携帯電話向けの動画広告 動画広告作成の手順とポイント

 
モジュール16
コンテンツ マーケティングの実施

トピック名 学習内容
コンテンツ マーケティングについて コンテンツマーケティングの3つのポイント
オンライン上でのユーザー像の把握 セグメントの概要と活用方法・重要性
コンテンツの目的に適したフォーマットの選択 フォーマットの種類とコンテンツの目的
オンライン上のユーザーに向けた記事の作成 記事構成のポイント
オンラインでコンテンツを見てもらうために 3つのチャネル紹介
コンテンツ マーケティングの効果測定 キャンペーンの適切な測定・分析方法

 
モジュール17
メールマガジンの活用

トピック名 学習内容
メールマガジンの基礎 メルマガの概要と効果的な使い方
メール配信システムの機能 メルマガの配信方法と利用のメリット
メールマガジンの作成方法 メルマガの効果的な書き方・ポイント
メールマガジンを成功させるための戦略 A/Bテストの紹介とその方法
メール マーケティングの効果測定 メールマーケティングのメリット・最適化

 
モジュール18
ディスプレイ広告の始め方 (ディスプレイ広告 第 1 章)

トピック名 学習内容
ディスプレイ広告について ディスプレイ広告の特徴と仕組み
検索連動型広告とディスプレイ広告の違い ディスプレイ広告利用のメリット
ディスプレイ広告の運用方法 ディスプレイ広告利用のメリットとプレースメントの紹介

 
モジュール19
ディスプレイ広告の活用方法 (ディスプレイ広告 第 2 章)

トピック名 学習内容
ディスプレイ広告の目標を達成する方法 ディスプレイ広告の目的と施策
ディスプレイ ネットワークの仕組み Googleディスプレイネットワークの紹介
リターゲティングについて リターゲティングの概要

 
モジュール20
動画の有効活用

トピック名 学習内容
インターネット上での動画の普及 動画普及までの歴史と動画マーケティングの基本
動画をビジネスに活用する方法 動画のターゲティングと効果的な活用法
動画作成のコツ 効率的な動画作成のコツと手順
インターネット動画の視聴者を増やす方法 動画投稿の際の4つのポイント
動画共有サイトにおける広告手法 YouTubeでの広告作成方法と戦略
動画の効果を計測する方法 動画の効果を最大限に高める具体的な施策

 
モジュール21
ウェブサイトの分析の始め方 (ウェブサイトの分析 第 1 章)

トピック名 学習内容
ウェブサイトの分析方法 指標・ディメンション・コンバージョンの概要
ウェブサイトの分析をビジネスに活用する方法 コンバージョンの改善法
ウェブサイトの分析を活用するための目標設定 目標設定とその確認の重要性

 
モジュール22
ウェブサイトの分析の活用方法 (ウェブサイトの分析 第 2 章)

トピック名 学習内容
検索結果からのアクセス解析の方法 Googleサーチコンソール・アナリティクスの有効性
検索連動型広告を活用するための分析ツールの使い方 CV分析としてのアナリティクスの利用法
セグメンテーション セグメンテーションの紹介

 
 
モジュール23
データ分析によるインサイトの発見

トピック名 学習内容
ユーザーを知るためのデータ活用 ペルソナ設定とデータの種類(質的・量的)の紹介
データサイクルの把握 データサイクルの概要とPDCA
データに基づいた実践的なインサイト インサイトの概要とその見極め方
スプレッドシートによるデータ管理 Googleスプレッドシートの紹介
データのわかりやすい提示 データ提示の具体的な最適化方法

 
モジュール24
e コマースについて

トピック名 学習内容
e コマースについて eコマースの概要とECサイトの紹介
e コマースでの注文と決済について ECサイトの機能紹介とメリット

 
モジュール25
インターネット上での販売促進

トピック名 学習内容
理想的な e コマース体験の実現 ECサイトのユーザビリティ最適化
EC サイトにおける商品の宣伝方法 ECサイトにおける販売戦略とレコメンドエンジンの紹介
e コマースのためのリターゲティング 広告文の最適化とキャンペーンの概要

 
モジュール26
海外への展開

トピック名 学習内容
海外向けマーケティング活動 オンライン上で海外進出するための具体的施策
新しい市場を見つける方法 Googleグローバルマーケットファインダーの紹介翻訳とローカライゼーション
新しい市場を見つける方法 ローカライゼーションの概要
海外での広告戦略 広告選択の最適化
海外進出の際に考慮すべき点 税や法、為替レートなど海外進出の具体的注意点
海外進出の際の技術的側面について 海外向けのユーザビリティに関するチェックリスト
海外のお客様に商品を届ける方法 配送プロセスと業者選択、サポートの重要性