MENU
14Nov Photoshop講座 綺麗なもの

【Photoshop】フォトショで3D風のスタンプを作る方法

こんにちは。ろっこ(@_lokko_4)です。

第14回目の今回はフォトショを使って3Dのように立体感のあるスタンプの作り方を学んでいきます!

他の講座も見る

3D立体風の加工の準備

・3D加工させるスタンプのPSDファイル
・背景(テクスチャ)画像

順番に見て行きます!

3D加工させるスタンプ素材

前回の記事にてスタンプを作っている方はそちらのPSDファイルを使ってください。

関連記事【Photoshop】フォトショでオリジナルのスタンプ加工を作る方法

もしスタンプ素材がない場合はこちらをお使いください

クリックでダウンロード

ろっこ

もちろんPSDファイルであれば上記以外のものでも大丈夫です

背景素材

基本的にどんな背景でも大丈夫ですが、色のついたスタンプを使用する場合は白い背景のほうが上手くいきやすいです。

※画像をクリックすると無料ダウンロードページに飛びます

フリー写真サイトはWeb業務では頻繁に使うことになるので、早めにブックマークしておきましょう:)

関連記事もうアイキャッチ画像で困らない!著作権フリーの画像検索サイト厳選9選

当記事は下記書籍に参考にしており、今後の活動で利用可能な.grdファイル(グラデーション)や.abrファイル(ブラシファイル)が付属しております。

ろっこ

要するにお得です。気になる方は是非お買い求めください:)

それでは作り方を見ていきます!

3Dのような立体感あるスタンプの作り方

3D立体加工を施す

1、フォトショに背景素材とスタンプファイル(photoshop_stamp.psd)をドラッグし、配置します。

クリックで拡大
クリックで拡大

2、上メニューバー>ウィンドウ>レイヤーをクリックし、.psdファイルをレイヤーをダブルクリックしましょう。レイヤースタイルウィンドウが出てくるのでそちらを設定していきます

クリックで拡大
クリックで拡大

3-1、まずはレイヤースタイルの左側『ベベルとエンボス』項目をクリック&チェックを入れ、以下画像のように設定します

クリックで拡大

ろっこ

数値は大体で大丈夫です!

3-2、続いて『シャドウ(内側)』も同じように設定していきます

クリックで拡大

3-3、最後に『ドロップシャドウ』も設定しましょう

クリックで拡大

ろっこ

各項目の角度>包括光源を使用のチェックが外れてるかチェックしてみてください。私はそのチェックが入れっぱなしで何回か失敗した(笑)

4、再びレイヤーウィンドウに戻り、スタンプレイヤーの『通常』となっている部分をお好みで『乗算』や『焼き込みカラー』にしてみましょう

クリックで拡大
クリックで拡大

もちろん他のエフェクトでも問題ないですが再現性高いのは乗算や焼き込みカラーでした:)

スタンプに質感を与える

5、次に『背景』レイヤーの適当な箇所で右クリック>レイヤーを複製を選択し、レイヤーを複製します。複製したレイヤーはドラッグし、一番上に持っていきましょう

一時的にスタンプが見えなくなりますが大丈夫です


6、複製したレイヤーの『通常』という箇所を『オーバーレイ』に設定し、不透明度を90%くらいにしてあげましょう

クリックで拡大

ろっこ

これをすることでスタンプに質感が加わります

7、スタンプレイヤーを選択している状態で『Command+T』を押せば角度を変えられたり、位置の変更や拡大・縮小できるので好きなように動かしてみてください

立体感あるスタンプの加工、完成

ポスターや名刺など様々な用途で使えると思うのでぜひ作ってみてください:)

また次回の講座でお会いしましょう

他の講座も見る

関連記事【Photoshop】初心者と実践で学ぶフォトショップチュートリアル25
- SHARE -