『食いっぱぐれない』ためのスキル学習ブログ
> 初心者と学ぶ!実践Photoshop講座 <

鼻血が1時間近く止まらなくなって緊急病院に駆け込んだ件

こんにちは。重度の花粉症のろっこ(@4bh_design)です。

今回は本当にあった(鼻血の)怖い話です。

あれは5年前のことでした……

 


 

その日、休みだったので家でゴロゴロダラダラを満喫していましたが、季節はちょうど変わり目であったため花粉症の私は鼻水が止まりませんでした。

ティッシュ箱を1箱使い切ることも珍しくはなく、『鼻が取り外し可能だったらもうゴシゴシ洗うのに』なんて考えていたらツーっと何かが鼻を伝う感触が。

 

え、鼻血?

 

鼻血なんてすごく久しぶりだったので一瞬戸惑いましたが、鼻強くかんでしまったから中のどっかが痛んだのかなと心当たりはあったので冷静に対処。

ティッシュをあてがい、鼻をつまんでしばらく待機していました。最初こそ

片手ふさがると出来ること少なくなって暇だなぁ

ろっこ

程度の軽い気持ちでいたのですが、5分経っても止まらず、

10分経っても止まらず、20分経っても止まらず

だんだん自分の中でも『おかしいぞ』という感覚が芽生え始めました。

通常鼻血なんて5分程度で止まるものというイメージがあったので30分経っても止まらないときは割と不安に。

しかも、私はそのときティッシュを鼻にあてがい、せき止めていたのですが『そろそろ止まったかなぁ』なんてティッシュを外すと

待ってましたー!

と言わんばかりに大量の血がドバァと洪水を起こすのです。

その光景を見ればおそらく誰でも不安になると思います。そして、今この瞬間、日本で一番鼻から血を出しているのは私だな、と謎のレペゼン日本意識も湧いてきます。

ティッシュを当て、待機し、しばらくしてからティッシュを外すと鼻血ドバァ。

またティッシュを当て、待機し、今度こそ大丈夫かなとティッシュを外すとドバァ。

そんなこんなの格闘を計1時間も繰り返し、『これは多分病院へ行かなきゃダメなやつだ』と思いましたが、家に車もなく、上を向いて鼻にティッシュを当てている状態だったので徒歩で最寄りの耳鼻科へ。


 

こ、これは……

耳鼻科さん

 

 

 

 

「原因わからないね。とりあえずコットン詰めとこか」

 

ええええええええ!原因わからないってなんですかああああ?!!?!

鼻強くかんだことじゃないの?違うの?っていうかそれが原因じゃなかったら絶対なんかやばい病気とかじゃないの???

と頭の中が だらけに。そんな ? も数分後に始まったコットン詰め作業で消え失せました。

 

これがもうすっげぇイテェんだ……。

 

 

もうそんなの絶対入らないっていうような量のコットンをガンガン詰め込んでくるんですよね。しかも奥の奥の方まで。無理。

痛みレベルはインフルエンザの時の綿棒の比じゃないです。普通に泣きました

 

そんな辛い治療に耐えたあとは『原因不明』の事実に精神が滅入るというダブルコンボ

 

ネットで何かしらの症状を調べると絶対に記事の最後の方に『ガンの可能性も』っていちいち出てくるじゃないですか。

それを毎回真に受けるタイプなので『終わった……』と灰のようになりながら待合室で会計を待っていたように記憶しています。

 

帰宅後はコットンのおかげか鼻血は止まっていたのですが、翌日の午後。

 

鼻血どばああああああああああああああああ

 

鼻血『ただいまああああああああああ(ドバドバドバアアアア』

 

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

もうね、馬鹿かと。もう出てこなくていいと。その日は祝日であったため、やっている病院も少なかったので車で1時間ほどかけて大きな耳鼻科へ。


 

原 因 判 明

や っ ぱ り 鼻 の か み す ぎ

 

なんでも鼻を強くかみすぎて毛細血管が切れてしまったんだとか。対処としては同じようにコットンを詰めて止まるのを辛抱強く待つしかないようです。

またあの地獄コットン治療が始まるのかとウンザリもしましたが、変な病気とかではなく一安心する自分もいました。

 

鼻血が止まらないのは原因がいくつかあるとは思うのですが、こういう私のようなケースもあるので特に花粉症の方は気をつけてくださいね。