『食いっぱぐれない』ためのスキル学習ブログ
> 初心者と学ぶ!実践Photoshop講座 <

他のブログ初心者がどうかは知らないけど私は「これ」のせいでブログ挫折した

有名ブロガーのストイックさ

ブロガーである以上、執筆作業は好きでしょうからストイックというのかは甚だ疑問ですが

このように多くの有名ブロガーの方って筆が早いんですよね。

彼らがなんでこんなにも記事をぽんぽこ書き続けられるのか謎(スゴい)。

記事を書ける彼らと記事を書けない私の違いを考えてみたところ、1つ腑に落ちた見解があったのでご紹介します。

新人ブロガーが挫折する理由

多くの新米ブロガーが挫折する理由、それは反応がないからではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。

自分が一生懸命書いた記事にフィードバックがあればこんなに嬉しいことはありません。

正直PVだとかアドセンスとかどうでもいい!

構って欲しい!構え!

「面白い!」とか「役に立った!」って声が聞きたい!

でも実態は……

ただ、開設したてのブログはしばらくは日の目を浴びません。

PVもなければ当然コメントなんかもあるはずない。

雑草のように日陰でも力業で育つほどの生存意欲がなければすぐに枯れてしまうわけです。

さらに悪いことに、その不遇な時期が100記事(ブログのPVが増えてくると言われている指標)書くまで続くってかなりのドMじゃないと耐えきれない行程じゃないですか?

私は過去に何度かブログを立ち上げたことがあるのですが

一生懸命書く→反応ない→一生懸命書く→反応ない→一生懸命書く→反応ない→挫折

というお決まりの流れでした。

構え!

メルカリで転売してた時代

メルカリで転売してた時代があるのですが、その頃はすごく楽しかった。

それはひとえにお客さん一人一人から「ありがとう」の言葉を貰えたから。

私は梱包する時に手書きのメッセージカードを毎回入れていたのですが、それも時々褒めてもらえたりしてすごく嬉しかった。

それがこのブログはなんですか。誰も何も言ってくれない。何か言いやがれ。

「下らないこと書いてサーバー汚すな」とかでも全然いいからお願い。

今なら罵られても喜びそうなイカれたメンタルでやっているわけです。

構え!

改善策

という訳でじゃあ何が悪いんだろうって考えました。

原因1

記事がコメントするに値しない

これはかなりあります。私の記事の場合は特にありそうです。

「コメントを集める」という目標設定をした時にぱっと思い浮かぶのは炎上です。

人々がつい言及せずにいられないような非常識な言説・行動をもってすれば注目を集められるのでしょうが、炎上とは今後の信頼面に大きく関わってくる諸刃の剣。

と言うかそもそも意図的に出来るような事ではないような気もします。

原因1に関しては、私自身が生活してて「ついコメントしてしまったもの」のデータを集め抽象化するという地味な作業で対策を取るしかなさそう。


原因2

そういう文化がない

人は周りに合わせて行動しがちなので、ひとたびサイトに「コメントする」という文化が出来ればコメントで溢れかえるような気がします。

例えばニコニコ動画やまとめサイトなとですね。

あれらはコンテンツ自体も面白いとは思いますが、それに関してみんなでワイワイやり取りしたり、やり取りを見るというのも醍醐味の一つであります。

ひろゆきが約10年前に語ったネットの未来予想が当たりすぎ

じゃあなぜブログはそういう場にならないかと言うと、思うに敬語だからじゃないでしょうか。私が敬語だからコメントする側もかしこまってしまうのではないでしょうか。

かと言って急に私が敬語を辞めたらびっくりするじゃん?

え、何こいつ馴れ馴れしいな、きしょってなるじゃん?

だから、コメントする側だけ敬語を禁止するのはどうでしょうか。そうすれば話しかけやすくなるのではないでしょうか。

イメージ的には後輩に話しかける、みたいな。こちらは敬語でそちらはタメ口。いかがでしょう。


原因3

そもそも記事を見た人がいない

おっと悲しい。

これは悲しい。間違いなく悲しい、絶対悲しい。

どんなにコメントしやすくなるよう趣向を凝らしてもまるで意味が無い。これは考えないようにしましょう。


原因4

コメント機能のUIが悪い

ゆとり世代なのでイライラしてついWordPressに濡れ衣を着せてしまいました。

でもちょっとこれある気もします。WordPressのコメント機能ってちょっと堅苦しくないですか?

デザインが超洗練されたSANGOでも若干の息苦しさが

 

なんと言うか、お問い合わせフォームのような堅苦しさを感じるんです。ブログのコメント欄なんかテキストボックスと送信ボタンだけあればいいような気が。

あとはコメントのレイアウトも馴染みのあるニコニコ動画やYouTubeのようなものに変えた方がコメントはしやすくはなりそうですね。

これらを今後ちょっと考えてみます。