MENU
17Nov コラム その他

ブログで稼ぐために大学を辞めるは正しい選択かどうか

 
最近こんなツイートが一部界隈を賑わせていました。
 


 
この件しかり某グループの原爆Tシャツ着用の件もしかりですが、反応して話題にした段階でしっかりと相手の思う壺なので、『反応するな』とか、『価値観は人それぞれだよっ♡』で済む話題なのですが、敢えて掘り下げてみようかなぁと思いました。
 

ろっこ

私自身も大学辞めてますしね:)
 

ことのあらまし

 
まず、彼女が今回大学を辞める決意をした根本的な理由は
 
・大学を卒業していなくても活躍している人たちをたくさん見た
・大学に行くこと(決められた時間に決められた場所に行く事)が精神的に堪える
 
だそう。
 
要は、
 
理由1:自分の力で稼げるようになれば大卒資格は大したプラスにならない
理由2:行くのキツイ
 
って事ですね。
(パッとツイッターを見て私はこうだろうなと思ったのですが違うならすみません)
 
理由1は重めなトピックなのでまず理由2から処理をすると
 

ろっこ

キツイかどうかは当人の感覚値だから他人には推し量れないと思います
 
で終了。
 
そういう感じ方の違いでセクハラやらパワハラやらも起こるわけですし。
 
理由2を見た瞬間に『なんちゅう甘ったれたことを』なんて思った方は今後、もっと気を配らなければどんどん世知辛くなるかもしれませんね。
 
で、肝心の理由1に入って行くわけですが、じゃあ彼女はどうやって儲けていこうかと考えているかというと、『ブログ』だそう。
 

ろっこ

これのせいで多分今回物議を醸したっぽい
 
ブログは確かに一部の『私めちゃ稼げてますよ系キラキラブロガー』によって『稼げるビジネス』というイメージが浸透していっています。
 
ただ、言われ尽くしていることですが、参入障壁が低い(投資金0でも可能ではある)ので、個人のライバルがひしめき合っていて、それでいて企業もやっているわけだからもう大変。
 
おまけに2020年頃導入される5Gで通信速度が爆上げしたらテキストサイトではなく動画サイトによる情報収集が主流になるのではないか疑惑まであります。
 
よく、ブログで稼いでいるのは全体の数パーセントなんて言われているように、今後ますます厳しくなるビジネスモデルになっているとは思います。
 
更に悪いことに、よく言われているのが『安定しない』と言う点。
 
これに関してはちょっと前提知識がないといけないのでその説明を。
 

ブログで稼ぐ仕組み・集客方法

 
そもそもブログというのはどうやって稼ぐのかということですが、主に2通り。
 
①、自社商品を売る
②、他社商品を売る/勧める
 
のどちらかです。
 
①は割とオウンドメディアな感じがするので、個人がブログで稼ぐとなると一般的には②の稼ぎ方になります。
 
要は集客ビジネス(広告業)です。
 
集客をして、企業の広告を出す。その広告経由で商品に興味を持ったり買ってくれる人がいたら企業がブログにお金を払うと言った構造となっています。
 
肝心な集客はどうやっているのかという話ですが、これもまた主に2通り。
 
SEOを攻略し、検索順位を上げる
インフルエンサーになる(バズを起こす)
 

集客方法①SEOで検索順位を上げる

SEOというのは検索エンジンのことで、今現在の日本ではほとんどの方が検索する時にGoogleかYahooの検索エンジンを使っていますね。
 
この2つの大手検索サイトは同じアルゴリズム(SEO)で運営されており、この仕組みをしっかり理解し、適切なコンテンツを提供できれば検索結果で上位に表示されます。
 
つまり、集客方法の1つ目であるSEOとは、検索エンジンのことを配慮したコンテンツを作り、検索結果で上位に表示されることによって集客するというわけです。
 

集客方法②インフルエンサーになる

 
インフルエンサーは最近よく聞く言葉だと思うのですが、簡単に言えば『多くの人に注目されている人』です。
 
例を出すなら、イケハヤさんやはぁちゅうさん、チキリンさんでしょうか。
 
Twitterを見たら分かりますが彼/彼女らは10万以上のフォロワーがいます。
 
それだけフォロワーがいれば、記事を書き、SNSにリンクを貼ればどう少なく見積っても1万人くらいの目には止まるでしょう。
 
その記事を読んだ人のうち、たった1パーセントが記事の中の広告商品を購入したとしても100件もの成約となります。
 

以上がブログの集客方法

 
このように今現在は主に2つの集客方法があります。
 
前提知識を補完できたので、さっそく本題に入っていきます。
 

なぜSEOで稼ぐには『安定しない』のか

 
インフルエンサーという言葉が浸透し始めたのがここ数年ということからも分かる通り、従来ではSEOがブログにとって主な集客経路だったわけです。
 
ただ、SEOというのは時の流れに合わせ、常に改善されていきます。
 
それがアップデートというもので、ついこの間まで検索順位1位だったのにアップデート後はガンガン下がっちゃったよ〜みたいな状況になることから『安定しない』と言われているわけですね。
 

ろっこ

不吉ですがTwitterなどで『サイト アプデ 死んだ』で検索すると大量のゾンビが垣間見えます
 
では実際に、検索結果で1番を取った時と10番を取った時の集客量を測るツールがあるので集客量の違いを見てみましょう。
 
ここでは『ダイエット グッズ』を調べてみました。
 
すると
クリックで拡大
 
1位では月間3000の流入が見込めるのに対して、10位では月間200と、10倍の差がついています。
 
アップデートを恐れてなのかは分かりませんが、最近ではブロガーの稼ぎ方(集客方法)が変わったように思えます。
 

メインの流入経路にSNSを使う人が増えた?

 
SEOでの集客をメインにするのではなく、インフルエンサーとなり、安定したアクセス数を確保する人が多くなったような。
 
これはあくまで私の観測範囲内ですが、事実としてSEOやブログそれ自体に関するノウハウ、コンサルティングよりもSNS運用に関するノウハウやコンサルを見かける機会が大幅に増えた気がするのです。(そんな気しませんか?)
 
そんな訳で、ブロガーとしての第一歩に『記事をガンガン書いてSEOに関する知識やノウハウを蓄積していく』ことではなく、『SNSを上手く活用し自分の発信情報へ興味を持つ人を増やす』ことに重きを置く人が増えたのかなぁなんて思います。
 

結局ブログで稼ぐことを目標に大学を辞めるのは正しいのか

 
正しいの基準を『稼げる』に置くのであれば大失敗な気はしますが(そもそも本人が現段階では全く稼げてないとおっしゃっていたので)、基準を『楽しい』に置くのであれば大成功なんじゃないでしょうか。
 
女性ですから結婚して旦那に頼るという逃げ道もありますし、最悪、生活ほ……。
 
それに、昔であれば『SEOを理解し、他社製品を売る』というモデルであったブログも今では少しずつ『インフルエンサーとなり、自社製品を売る』という方向にシフトしていっている傾向があるように思えます。(noteであったり有料テーマであったり)
 


 
そう考えるなら彼女は今回の発言で大量の人の目を奪い、プチインフルエンサーになることが出来たのでビジネス的にも大成功な一歩だったのかもしれません。
 
件のツイートでは稼ぐ手段を『ブログ』に限定していますが、今回の騒動で彼女を見守る人の目が増えたのでビジネスも多角的に展開できるでしょうしね。(オンラインサロンとかそれこそ『フォロワーの増やし方』なんて有料note書くかもしれません)
 
それに、そもそも論ではありますが、大学を辞めたかどうかって本人しか知りえない情報ですから、大学を本当は辞めておらず、今回の騒動でどれくらい稼げるかを試している最中だったら相当な策士ですよね〜。
 
散歩しながら書いたら1時間も経ってました。
 

ろっこ

手がかじかみまくってる……
 
少しでもお楽しみいただけたなら光栄です:)
 
私の尊敬する博之さんは同じようなトピックに関しては以下のような見解を示してました。暇な方はどうぞ。
 

リスナー

博之さんはロジックで考えたらA案だけど感情的に考えたらB案という場合の意思決定はどうしていますか?
 

例えば、友達が『こういうビジネスやりたいから手伝って欲しい』と言ってきたとして、
 
それが絶対に間違っているようなプロジェクトで、こっちが一生懸命やめとくように説得して、
 
『失敗したとしてもやりたいんだ、手伝ってくれ』って言われたら僕は失敗すると分かってても手伝います。
 
それは、その人に『失敗する』という経験をしてもらいたいのと断る方が面倒だから(笑)
 


 
某仮想通貨をやった某有名な人がいて、その人の親友でIT系の経営者の人に『なんで止めなかったんですか』って話をしたのよ。
 
そしたら、要は『いくら言ったとしても僕の話は聞かない』と。
 
なぜなら、それで上手くいった人は世の中にいて、それを見て『俺は上手くいく』と信じてる時点で『上手くいかない』なんていう人の言葉は聞かないんだよ。
 
それを聞いて『あぁ、それはそうか』と思ったのよ。
 
『上手くいかないことは重々分かってるし、止めたい気持ちもあるんだけど、止める手段がない』っていう言い方をしてたのよ。
 
っていうことなので、まぁ……しょうがないですよね(笑)

- SHARE -