『食いっぱぐれない』ためのスキル学習ブログ
> 初心者と学ぶ!実践Photoshop講座 <

ひろゆき「ブラック企業で働いてる人は社会に迷惑をかけてる自覚を持て」


ひろゆき氏:

世の中にはブラック企業って多いわけじゃないですか。『残業代払わない会社』とかがそれに当たるんですけどーーー

 

じゃあ例えば、牛丼屋で、AとBって店があります。

A→残業代を一切払いません。なので従業員の給料めっちゃ安いです。

B→土日も休めるし、残業代も25%増しで払うし、従業員にとっては良い会社です。

で、その2つの店が全く同じ場所、同じ値段、同じ味っていう同じ条件で店をやっていたとしましょう。

みんな労働者目線でどちらで働きたいかはもちろんちゃんとしてるBって会社の方だけど、

消費者目線でどっちの店で食いたいかって話になると同じ値段、同じ味なので優劣つかない。(=どちらの店でも良い)

そうすると、勝負がつかない(儲からない)からAは値段を下げ始めました。

2つの店で提供される牛丼は全く同じ味なんだけど、Aの方が価格が安くなるのよ。

普通の消費者は、全く同じ味で価格が10円安い牛丼と価格が10円高い牛丼のどっちを買いますかって話なんですよ。

リスナー

安かろう悪かろうって話(極端に安い店や商品は避ける)

安かろう悪かろうで、『目の前に同じ店がある』って条件ならそうかもしれないけど……

じゃあ、例えばダイソーでハサミを買うとします。1個100円。

で、実はその仕入先候補としてハサミ工場が2個ありました。

ブラックハサミ工場ホワイトハサミ工場ね。

でも、ダイソーの商品として並ぶのはどちらか1個だけ。

で、消費者はダイソーのハサミがどちらの工場で作られたかなんて意識しないわけじゃないですか。

そのハサミがホワイト企業の作ったハサミかブラック企業の作ったハサミかは意識しないで買いますよね。そうすると、ダイソーのスタッフは安いブラックハサミ工場から仕入れるんですよ。

結局、ダイソーにはブラックハサミ工場のハサミしか置いてないから、普通の消費者はブラックハサミ工場のブラックハサミしか買わないんですよ。

リスナー

ブラックハサミの方が名前カッコいい

まぁそれは置いといて(笑)

と言う事で、人は選択をしないままブラック企業の作ったものを買っちゃうんです。

そうすると、ブラックハサミ工場は儲かります。逆にホワイトハサミ工場は全く売れないわけですよ。

なので、残業代をちゃんと払っているホワイトハサミ工場は倒産します。一方でブラックハサミ工場が生き残るわけですよ。

……っていうのが今の社会で起きている事です。

今の日本社会って自由競争じゃないですか。

誰でも会社作れますと。生き残る会社っていうのは商品を安く卸して(仕入れて)、利益が上げられる会社なんですよ。

そうすると、従業員に給料払わない会社の方が有利なんですよ。

なので、ブラック企業は今後も増え続けるんです。というより、ホワイト企業が勝ちようがないんです。


と言うことで、ブラック企業がはびこるのは何故なのか、誰が悪いのかって言うと

ブラック企業で働いてる奴が悪いです。

みんな認めたがらないと思うんだけど、ブラック企業がなぜ生き残るかってブラック企業で働く奴がいるから残るんです。

なので、ブラック企業を「悪い!」って言いつつブラック企業で働いてるやつは「自分のせいだ」って事を自覚して欲しい。

他に仕事がないって言うのも分かるんだけど、ブラック企業で働いてる限りホワイトな会社が潰れちゃうんですよ。

ホワイトな経営してたらブラックな経営には勝てないから。

もう一回さっきの例を出すとブラックハサミ工場がある限り、真面目に従業員に給料払ってるホワイトハサミ工場は潰れちゃうんですよ。

なので、「ブラック企業で残業代払われなくて大変なんだよ」と言う人は社会に迷惑をかけてます。

まずはそこを自覚してください。